結論としては、レバリズムは過剰摂取しない限り、各成分において副作用が出るとされる基準値量には到底満たないので、 […]