レバリズムには効果的な飲むタイミングがあるのでしょうか??

 

結論から言うと、目的に合わせた望ましい摂取タイミングがあります!

あなたが「期待する効果別」に摂取タイミングを解説していきたいと思います。

飲酒対策であれば飲酒前または飲酒後

アルコール対策(二日酔い対策)を目的として、レバリズムを使用する場合、「飲酒前」や「飲酒後」が適切なタイミングです。

 

「アルコールが体内で分解されるタイミング」と「オルニチンを供給するタイミング」を合わせることが大切です。飲酒前と飲酒後、2つのタイミングの使い分けは、アルコールを飲む継続時間によって分けると良いと思います。具体的には以下の通りです。

2時間未満の比較的短い飲酒の場合

飲酒後にレバリズム-Lを摂取すれば良いでしょう。

 

2時間未満であれば、飲酒後でも十分オルニチン供給が間に合います。アルコール分解の一連の過程(アルコール→アセトアルデヒド→酢酸→二酸化炭素・水)が進行している最中に、オルニチンを肝臓に届けることが大切です。

2時間以上の比較的長い飲酒時間が予想される場合

この場合、飲酒後にオルニチンサプリを取っているのではタイミング的に遅いです。

 

既にアルコールの分解が始まっており、体内では有害なアセトアルデヒドの処理に「肝臓がフルパワーで働いている状態」です。

 

のんきに、飲酒が全て終わってからレバリズムを摂取したのでは、肝臓が一番苦しい時にオルニチン成分でサポートをすることができません。

 

よって、飲酒前に事前にオルニチンを摂取しておくのが良いと考えています。また、飲酒中も高タンパクな食品(チーズ、枝豆、冷奴など)を食べると、より肝臓に優しい・有効な飲酒対策となるでしょう。

脂肪肝対策なら飲むタイミングはいつでもOK

脂肪肝対策の場合、特に飲むタイミングで重要なことありません。

 

強いて言うならば、飲み忘れないことが重要です。脂肪肝は地道な日々の積み重ねによって、徐々に良い方向に向かっていくものです。

 

レバリズムをはじめとした「オルニチンサプリメント」はこのサポート役となります。飲み忘れないためにも、おすすめタイミングは、「就寝前に飲むと決めてしまうこと」です。朝やや活動的な昼は何かと忙しく、飲み忘れてしまう可能性があります。

 

就寝前であれば、比較的ゆったりしているので、レバリズムを飲むのは寝る前と決めてしまうのも、一つの手として有効ですね。

レバリズムを疲労回復目的で使用する場合

疲労回復目的の場合、寝る前にレバリズムを飲んでおくことをお勧めします。

 

レバリズムLには、しじみ由来オルニチンが含まれています。オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあり、この成長ホルモンは「筋肉の修復」や「疲労の回復」に重要な役割を担っています。

 

そして成長ホルモンが活発に分泌されるのは、睡眠中(特にノンレム睡眠が重要とされる)なので、成長ホルモンの恩恵を受けるためにも、就寝前に飲んでおき、オルニチンを体内に供給することが大切です。

目覚め対策には就寝前がベストタイミング

朝なかなか起きられないという方。こういう方も就寝前に飲んでおくことをお勧めします。 目覚めが悪い原因は複数ありますが、疲労やストレスが原因となっているケースも珍しくありません。

 

睡眠中の疲労回復効果を得るため、就寝前にレバリズムLを摂取することをお勧めいたします。

レバリズムの摂取タイミングまとめ

長々と書いてしまいましたが、まとめると

  • 飲酒対策であれば、飲酒前または飲酒後。
  • それ以外であれば就寝前が習慣化しやすく、より多くの効果を実感できるタイミング

今なら980円で初回を始めることができるので、この機会にレバリズムを検討してみてはいかがでしょうか?
↓↓↓
>>レバリズムLの詳細はコチラ
レバリズム-L