レバリズムを購入される方の中には、「日々のなんとなくだるい疲れを何とかしたい」という方も多いのではないでしょうか?

 

実際に販売ページの購入者口コミなどを見てみると、翌朝の体調が良くなったとか、だるい感じが解消されたなどと言う投稿がありますが、果たして本当に、これらの疲労回復効果を実感することは出来るのでしょうか?

 

結論から言うと、レバリズムLを摂取することで疲労回復効果を実感できると考えています。

 

レバリズムと疲労回復を考える上で重要な成分が「オルニチン」です。

 

なんだか聞きなれない成分名かもしれませんね??少しオルニチンに関して説明しておきたいと思います。

 

まず、オルニチンというのはアミノ酸です。我々の体内にも存在するアミノ酸ですが、筋肉を構成するアミノ酸ではありません。オルニチンは、遊離アミノ酸といって、血液中に存在し体の中をめぐっている成分です。

 

オルニチンは、食材の中では特に「しじみ」に多く含まれており、レバリズム-Lにはしじみ由来のオルニチン成分が濃縮されています。

 

オルニチンが疲労回復と関連すると考えられているのは、以下の2つの働きがあるからです。

  1. オルニチンサイクルを活性化させる
  2. 成長ホルモンの分泌を促進する

成長ホルモンという言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、オルニチンサイクルとは一体・・?それぞれ説明したいと思います。

オルニチンサイクルの活性化が疲労回復をサポート

オルニチンサイクルというのは、肝臓の代謝機能で、アンモニアの解毒サイクルのことです。

 

アンモニアがどこから発生するかというと、タンパク質の代謝過程です。糖質や脂質は最終的には水と二酸化炭素になりますが、タンパク質はその代謝過程で、体に有害なアンモニアを発生させてしまいます。

 

アンモニアが体内に存在すると、エネルギー産生回路であるTCAサイクルを阻害し、十分なエネルギーを作り出すことができなくなります。すると、筋肉や細胞に十分なエネルギー供給が出来ず、カラダが疲労を感じてしまうのです。

 

ですから、アンモニアをいち早く体から除去することが、疲労回復には必要なことなのです。そして、アンモニア解毒を促進するのがオルニチンサイクルであり、オルニチンサイクルを促進するのが、他ならぬ「オルニチン成分」なのです。

 

レバリズムにはしじみ由来のオルニチン成分が凝縮されているので、疲労回復効果を期待できますね!

成長ホルモンが疲労回復をサポートする

成長ホルモンという言葉をご存知かもしれません。成長ホルモンは子供だけに重要なものではありません。大人にも極めて大事な役割を担っています。

 

主な働きとして、肌の新陳代謝や骨・筋肉の合成、疲労回復などが挙げられます。オルニチンは成長ホルモン分泌を活性化するとされており、これがレバリズムが疲労回復も実感できる理由です。

 

さらに、摂取タイミングとしては「睡眠前」が良いです。理由は、就寝中に成長ホルモン分泌の恩恵を受けることができ、翌朝の目覚めや、疲労回復により効果的だからです。

 

さらに、成長ホルモンには、ノンレム睡眠を延長させるという研究結果もあります。ノンレム睡眠は、深い休息に密接に関連しており、ここでもレバリズム-Lの疲労回復効果の裏付けが取れますね。

レバリズムと疲労回復まとめ

長くなりましたが、レバリズム-Lが疲労回復にも嬉しい商品である理由は、「オルニチン成分」にあります。しじみの食材由来のオルニチンなので、安全性を気にされる方も、不安なく始められる商品だと考えています。
↓↓↓
>>レバリズムLの詳細はコチラ
レバリズム-L