レバリズムには「薄毛に効果的な成分」が含まれているって聞いたけど本当か?

 

そういった根拠のない噂に惑わされず、きちんと成分面から薄毛対策になるのか検証していきたいと思います。

 

まず結論から言うと、発毛剤のようにレバリズムを飲むだけで髪の毛が入るということは、ありえません。発毛成分は含まれていないので、直接的な発毛効果は期待できないでしょう。

 

ただし、レバリズムに含まれるオルニチンという成分や亜鉛、豊富なアミノ酸成分が間接的に薄毛ケア対策となり得るので、説明していきたいと思います。

レバリズムのオルニチン成分が薄毛対策に!

レバリズムには食材のしじみを凝縮したエキスが含まれています。

 

しじみには豊富なオルニチン成分が含まれており、肝臓にとって非常に嬉しい食材です。そんなオルニチン成分ですが、肝臓対策だけでなく、成長ホルモンの分泌促進や疲労回復にも効果的と示唆されています。

 

これらの二つの項目と薄毛対策に関して説明していきたいと思います。

成長ホルモンの分泌と薄毛対策

成長ホルモンとはその名前の通り、成長発育に深く関わります。子供にとって重要なホルモンであることは言うまでもありませんが、成人にとっても非常に重要な役割を果たしています。

 

薄毛と関連するのは、成長ホルモンがタンパク質を合成することを補助する役割を担っているからです。

 

毛髪の主成分はタンパク質であり、タンパク質の合成が不足するとハリやツヤのない弱々しい髪の毛になってしまいます。

 

オルニチンを含むレバリズムを食べることで、成長ホルモンを分泌促進を期待でき、それが髪の毛のタンパク質合成をサポートすると考えられます。

疲労回復

オルニチンには疲労回復効果があると示唆されています。

 

オルニチンは体内に入るとオルニチン回路という代謝サイクルを活性化させます。オルニチン回路は一言で言うとアンモニアの解毒サイクルであり、オルニチンの働きによって比較的無害な尿素に変えます。

 

アンモニアが体内に多量に存在する場合、体は十分なエネルギーを生成することができません。すると疲れやすくなったり、寝ても疲れが取れない状態になります。質の高い睡眠を摂ることが難しくなるので、体の部分の回復ができないくなります。

 

これはタンパク質成分である髪の毛も例外ではありません。レバリズムなどのオルニチンを含むサプリメントで疲労回復をすることが、薄毛対策を嬉しい方向へと導いてくれるでしょう。

亜鉛と薄毛対策

レバリズムには食材の牡蠣由来の亜鉛成分がたっぷりと含まれています。亜鉛がなぜ薄毛対策になるのかと言うと、髪の毛の成分であるケラチンの合成と関連してきます。

 

具体的に言うと亜鉛が不足した場合、十分なケラチンを合成できず、ハリやコシのない貧弱な髪の毛になってしまいます。

 

レバリズムで亜鉛を補給することは、健康的なハリツヤのある髪の毛の維持に貢献します。

豊富なアミノ酸が薄毛には嬉しい!

すでに説明した通り髪の毛の主成分はたんぱく質です。そしてタンパク質はアミノ酸の集合体です。

 

レバリズムにしじみ由来のアミノ酸がぎゅっと凝縮されています。しじみには必須アミノ酸がすべて含まれており、アミノ酸の宝庫とも呼ばれています。

 

まさに髪の毛の成分を食べているようなものなので、レバリズムを食べることは薄毛対策にも重要な選択肢だと言えます。
↓↓↓
>>レバリズムLの詳細はコチラ
レバリズム-L