レバリズムでダイエットができる??

 

そんな情報が流れてきたので、本当かどうか、成分面から考察していきたいと思います。

結論から言ってしまうと、

 

レバリズム-Lには「ダイエットに有用な成分」が含まれています。

 

具体的にどうやってダイエットに活用すればよいのか?飲むタイミングはいつがいいのか?

1つずつひも解いていきたいと思います。

 

レバリズムダイエットで重要な成分は【2つ】

レバリズムは食材由来のエキスが濃縮されています。ダイエットで重要な2つの成分とは、

  • しじみ由来のオルニチン
  • 牡蠣由来のタウリン

 

それぞれの成分の役割が異なるので、説明したいと思います。

オルニチン

オルニチンは、しじみに多く含まれるアミノ酸成分です。筋肉を構成するアミノ酸ではなく、血液中に存在し続け、カラダの中を巡っています。

 

オルニチンダイエットという方法も、一時話題になりましたが、記憶にあるでしょうか・・?オルニチンがダイエットに寄与する成分たる所以は、以下3つに由来します。

【ポイントは3つ】
  • ①脂肪燃焼効果のある「酵素」の働きを活性化する
  • ②成長ホルモン分泌促進により、脂肪燃焼効果を高める
  • ③代謝サイクルを高め、脂肪燃焼を促進する。

①酵素リパーゼの活性化

リパーゼには、皮下脂肪や内臓脂肪を分解する働きがあります。オルニチンは、体内に入ると、一部がアルギニンという物質に変化をします。このアルギニンがリパーゼを活性化させる働きがあります。

 

つまり、オルニチンを摂取することで、間接的にリパーゼの活性化につながり、脂肪燃焼にも寄与すると考えられます。

②成長ホルモンによる脂肪燃焼

成長ホルモンには、複数の働きがあります。骨や筋肉の修復や、肌の新陳代謝などと深く関わっています。

 

これ以外の働きの中で、ダイエット関連としては「脂肪を分解して活動に必要なエネルギーに変える」ことが挙げられます。

 

オルニチンには、成長ホルモンの分泌を促進する働きが示唆されているので、ダイエットにも有用な成分というわけです。

 

タウリン

タコやイカなどの頭足類に多く含まれるタウリン。

コレステロールと仲良しなので、お互いが結びつくことで、血中の中性脂肪を減らす働きがあるとされています。

 

この機能は、肝臓の脂肪も例外ではない為、脂肪肝対策にも有用とされています。

ダイエット目的なら飲むタイミングは・・?

おすすめタイミングは2つあります。

  • 就寝前
  • 運動前後

就寝前

就寝前は、すべての人にオススメするタイミングです。理由は「成長ホルモン」の分泌の恩恵を受けることができるから。

 

また、寝る前は朝や昼に比べて、バタバタしていないので習慣化しやすいタイミングでもあります。

運動前

オルニチンを運動前に摂取すると、運動中に成長ホルモンが活発に分泌され、血中の成長ホルモン濃度が高くなる。という研究結果があります。

 

成長ホルモンはダイエットと密接にかかわるので、運動前も成長ホルモンの恩恵を受けられるタイミングだと言えるでしょう。

まとめ

レバリズムとダイエットに関して述べてきました。

ですが、基本的にはサプリに頼らず、食習慣、生活習慣の見直しが最も重要なのは言うまでもありません。

 

生活習慣を見直した上で、サプリメントも検討してみるのが良いと思います。

>>レバリズムLの詳細はコチラ
↓↓↓
レバリズム-L