レバリズムLは脂肪肝に効く?効果があるのか??という疑問。

まず、レバリズムは医薬品ではないので「効果がある/効果がない」というような表現はふさわしくありません。

 

もし、あなたが脂肪肝の疑いがあるのであれば、まずは基本的な生活習慣(食事・運動・睡眠・飲酒・喫煙など)を見直すことが必要です。その上で、サポートサプリとしてレバリズムLを活用するのが正しい使用方法です。

脂肪肝とは?簡単な解説

脂肪肝というのは、文字通り「肝臓の肥満」とも言える状態です。

 

中性脂肪や、コレステロールなどが肝臓に蓄積され、様々な生活習慣病に発展する恐れがあります。これまでは脂肪肝と言うと、比較的年配の方に見られる症状でしたが、今や日本人の4人に1人が脂肪肝と言われています。

 

最近では食生活の欧米化や運動習慣が無い人が増えている為、30代から40代の方にも脂肪肝が増えつつあります。(特に男性に顕著な傾向)

脂肪肝の原因

「アルコールの飲みすぎ、肥満、糖分の摂り過ぎ」などが挙げられます。それぞれに関して解説していきたいと思います。

アルコールの飲み過ぎと脂肪肝の関係

アルコールが肝臓で分解される際、中性脂肪が合成されます。当然飲酒量が多ければ多いほど、肝臓の負担は高まり、中性脂肪の蓄積が増加します。

肥満と脂肪肝の関係

脂肪酸の燃焼効率が低下し、中性脂肪が肝臓に蓄積されやすくなります。肥満の人は運動不足の可能性が高く、エネルギー摂取過多の傾向が強いため、分解しきれなかった脂質や糖質が中性脂肪となって肝臓に過剰に蓄積されている可能性もあります。

糖分の摂り過ぎと脂肪肝の関係

専門的に述べると「低栄養性脂肪肝」という症状です。(俗にいうダイエット脂肪肝)

 

これは上記2つとは性質が異なり、脂質が不足して、肝臓が脂肪を欲している状態になります。すると、全身から脂肪を集めるように肝臓が働き、結果として肝臓に脂肪が蓄積され、脂肪肝となってしまいます。

~放っておくと怖い脂肪肝。肝硬変への序章~

脂肪肝は多くの場合自覚症状が無いんです。体調は特に変化を感じないので、肝炎や肝硬変へと発展してから初めて自覚するといったケースも多々。

 

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていて、とても働き者なので、多少の少しの不調や障害があっても、自分自身の代償作用により回復することが可能です。

 

ただし、一定の限度を超えた負荷がかかった場合、再生機能が十分に発揮できず、肝硬変などに発展し、既に手遅れになっているというケースもあります。

 

なので、お酒を大量に飲む方や、肥満気味の方は、肝臓に多大な負担をかけているので、特に不調を感じていなくても、手遅れになる前に、肝臓対策を講じる必要があるわけです。

脂肪肝に効果的とされる成分:最強アミノ酸タウリン

タウリンを含む食品の効果と役割

  • アルコール分解を促進し、肝臓の負担を軽減する役割
  • 肝臓に蓄積された中性脂肪を追い出す役割

簡単に述べると、タウリン成分自体は「脂肪肝に対する有効な対策」と言えます。そしてレバリズムLには、牡蠣由来のタウリン成分がたっぷり配合されています!

レバリズムLにはタウリン成分がどれだけ入っているかは不明。

たんぱく質 (アミノ酸)が、0.52g配合されているので、このうち何割かがタウリン成分だと考えられます。含有量は明記されていないので不明ですが、食材の牡蠣エキスを凝縮しているので、安心の成分ですね!

>>レバリズムLの詳細はコチラ
↓↓↓
レバリズム-L